NEWS & MEDIA

未公開イベント NaL -信頼シナリオ-

未公開ストーリー


『黒芸大の日常』


 

――黒曜芸術大学・講義室にて……。

 

【講師】
「これでルネサンス時代の概要説明は終わりだ。何か質問のある者は?」

 

【学生たち】
「……」

 

【講師】
「では、バロックを見ていく。ここまでが次のレポートの範囲だからよく覚えておくこと」

 

【天城成海】
(……ここは出そう、と……)

 

【講師】
「ひとえにバロックと言っても前期、中期、後期に分かれる。18世紀頃に衰退していった――」

 

【天城成海】
(衰退……?)

 

【天城成海】
「……すみません、質問いいですか?」

 

【講師】
「天城君、どうぞ」

 

【天城成海】
「衰退して……って、現代でも日常で耳にする機会はありますよね?」

 

【講師】
「その通り。現代音楽と融合したりアレンジされたりなど、意外と身近で聞いたりするものもある」

 

【講師】
「何故衰退した物が再興していったかは、時間があればそれも後ほど説明出来ればと思ってる」

 

【天城成海】
「分かりました。ありがとうございます!」

 

***

 

【天城成海】
(えーっと……ここは後で忍に聞いてみよう)

 

【天城成海】
(ん?背中に何かあたってる……なんだろう?)

 

【香椎玲音】
「……よぉ」

 

【天城成海】
「……な、なんで玲音がここにいるんだよ……!」

 

【香椎玲音】
「なんでって、オレもこの授業を履修してるからだろ」

 

【天城成海】
「だからって、俺の真後ろに座らなくてもいいだろ」

 

【香椎玲音】
「別にどこに座ろうがオレの勝手だし?」

 

【天城成海】
「分かったからもう喋りかけないで。こっちは真剣に授業聞いてるんだからさ」

 

【香椎玲音】
「へーへー。わかったよ」

 

***

 

【天城成海】
「………玲音、やめてって言ってるよね?」

 

【香椎玲音】
「なあ、ノート見せてくれよ。オレも真剣に書いてたんだけど、書き切る前に消されちまったんだ」

 

【天城成海】
「俺だって今書いてるから無理!」

 

【香椎玲音】
「ちょっとだけー!な?オレと成海の仲だろ?」

 

【天城成海】
「そんな仲になった覚え、ないんだけど」

 

【香椎玲音】
「そんなこと言うなよー。ノート見せてくれよ。なーるーみー」

 

【天城成海】
「だから、むーりー」

 

【香椎玲音】
「成海のケチ」

 

【天城成海】
「へぇ~、人の悪口言って借りられると思ってるの?……せっかく後で貸してあげようかなーって思ってたのにさ」

 

【香椎玲音】
「申し訳ございません、成海様!」

 

【天城成海】
「バカにしてない?それ」

 

【香椎玲音】
「してないしてない。めっそうもございません」

 

【講師】
「――ではこれから課題曲を流すので、少し待っていてくれ」

 

【香椎玲音】
「な、今ならいいだろ。よっと!」

 

【天城成海】
「あ!玲音……!まだいいよ、なんて言ってないのに。もう、仕方ないなあ……」

 

【香椎玲音】
「ふむふむ、なるほどね~。成海のノートはわかりやすいなー」

 

【天城成海】
「すごいわざとらしいんだけど。先生の説明の内容ちゃんと覚えてるなら、別に俺のノート見る必要なくない?」

 

【香椎玲音】
「うろ覚えで書いてたんじゃ後で困るだろ」

 

【天城成海】
「そんなドヤ顔で言わないでよ。なら最初から書いておけば済む話でしょ」

 

【香椎玲音】
「だーかーらー、書く前に黒板消されちまったんだって。あと数行だけだから待てよ」

 

【天城成海】
「もー……ん?玲音、ノートの端に描いてあるのなに?あ!次のページにも描いてある……」

 

【天城成海】
「犬、じゃないか……猫?がスタンドマイクを持って歌ってる……しかも……『OH! YHAH! YHAH!』って……ふふ、何それ」

 

【香椎玲音】
「ちょっ、勝手に見るなよ……!」

 

【天城成海】
「勝手に人のノート奪ったんだから、これくらいいいだろ」

 

【講師】
「えー準備ができました。これから流す曲は――」

 

【天城成海】
「あ、始まった。玲音、もうノート返して」

 

【香椎玲音】
「オレはまだ書いてるんだぞ」

 

【天城成海】
「何で偉そうなの。ほら、また先生が黒板に書き始めたじゃん!早くノート返してよ――」

 

【講師】
「おい、そこのふたり!」

 

【成海・玲音】
「!!」

 

【天城成海】
「は、はい」

 

【香椎玲音】
「……はい」

 

【講師】
「必要のない私語は慎みなさい」

 

【天城成海】
「すみませんでした」

 

【香椎玲音】
「すみません……」

 

【講師】
「君達はプロとして活躍しているかもしれないが、学生である以上、贔屓するつもりはない。いいな?」

 

【成海・玲音】
「はい……」

 

***

 

【天城成海】
「もう!玲音のせいで俺まで怒られたちゃったじゃん」

 

【香椎玲音】
「悪かったって。けど、あの先生黒板消すの早いよな~」

 

【天城成海】
「ノートにあんなイラスト描いてるから板書が間に合わなくなるんだろ」

 

【香椎玲音】
「べ、別にそれは関係ねぇし」

 

【天城成海】
「もー。次は絶対貸さないからね!」

 

【香椎玲音】
「ちぇー……それにしてもさ、お説教すげー長くなかったか?」

 

【天城成海】
「……長かったけど、これから曲を流して聴くっていうのに喋ってた俺達が悪いよ」

 

【香椎玲音】
「そーだけどさー。それにしても長かったっつーか。だったらノートに写す時間も長くして欲しいよな~」

 

【天城成海】
「もー。凝りてないでしょ?やっぱり玲音が一緒だとろくなことがない」

 

【香椎玲音】
「楽しいだろ?」

 

【天城成海】
「楽しくない!今までの話聞いてた!?」

 

【香椎玲音】
「そんな怒んなってー」

 

【天城成海】
「はあ……玲音といると疲れる。誰か……あ、つむぎだ!」

 

【香椎玲音】
「おー。ほんとだ……って、おい成海!オレのこと置いてくな!」

 

【天城成海】
「つむぎー!玲音のこと、どうにかしてよー!」

 

【百瀬つむぎ】
「成海?と、玲音も……あー、これ面倒なことに巻き込まれるパターンか……」

 

【百瀬つむぎ】
「成海も大変そうだな。でも、学校でまで玲音の相手したくないから。頑張れ」

 

【天城成海】
「ちょ、ちょっと待ってつむぎ!助けてよー!1人だけ逃げようとするなんてずるい!」

 

【百瀬つむぎ】
「俺だって学校終わったら嫌でもバカ玲音の相手しなくちゃなんねーし」

 

【百瀬つむぎ】
「それに俺、次の教室に移動中。あんたらは空き時間だろ?じゃあな」

 

【香椎玲音】
「おう!そっちも授業頑張れよ~」

 

【天城成海】
「つむぎー。うう、薄情者~!」

 

【香椎玲音】
「幼馴染なんだから諦めろよ。さ、昼飯食いにいこーぜー!カフェテリアでいいよな!」

 

【天城成海】
「うぅ~~助けて亜貴にぃいい~~!!」

 

 

END